2010年11月09日

☆ピッコロ修理☆

こんばんは!!
暗くなるのが早くなりましたね満月ぴかぴか(新しい)
店頭・修理スタッフの堀川ですわーい(嬉しい顔)

さて、昨日予告致しました、ピッコロの修理のご紹介です。

ジョイント部が折れてしまったピッコロ。。。
折れたピッコロ.jpg

頭部管には、折れてしまった管体の一部が残っています。
ピッコロ頭部管修理前.jpg



管体が木製の場合、温度変化や湿気の為に、時々抜けなくなってしまうことがあります。
それを力づくで抜こうとしてしまった時に、このような故障が起きてしまいます。
抜けない時は、無理をせずに楽器屋さんにもって行きましょう!!


頭部管に残っているジョイント部をとり
ピッコロ修理後頭部管.jpg


折れてしまったジョイント部をくっつけて
ピッコロ修理後全体.jpg

コルクも付け直します。
コルクはり.jpg


これでまた演奏できますね!!

これから寒くなり、乾燥する季節になります。
特に木製楽器をお持ちの方は、要注意ですどんっ(衝撃)

posted by サウンド楽器スタッフ at 18:26| Comment(7) | TrackBack(0) | 修理場
この記事へのコメント
ESA音楽学院の山本です。
最近めっきり寒くなってきました。

このブログたまに覗いてます。

堀川さんの書き込みなかなか
てまひまかけているのがよくわかります。
ご苦労さんです。

ところで、うちの卒生「さとう」はあまり書き込み
していませんが、たまには書くように言って下さい。
センスのいい佐藤風味たっぷりの文章ででお願いします。と

あと、24日は定期演奏会です。と伝えて下さい。

Posted by ESA 山本 at 2010年11月11日 17:56
ESA音楽院 山本様

コメントありがとうございます!!
ブログも見てご覧頂いているとのことで、大変嬉しく思います。
佐藤さんに伝言しておきます(^^)
色々忙しいようで。。。

これからだんだん寒くなっていきますが、
体調など崩されませんよう、お気をつけください。
今後ともよろしくお願い致します。

Posted by horikawa at 2010年11月12日 15:48
おはようございます。
すみません、文章を考えるのが大の苦手なのです。

定演、今年はメジャーな曲が多くていいですね。
気が向いたら行きますー
Posted by さとう at 2010年11月13日 10:17
初めまして

中学のブラバンでフルート・ピッコロを吹いてる女子です

だいぶ前に書かれた記事なので
みてくれるかわかりませんが・・・

質問(?)があってきました

ピッコロのことです
なんか、ローB♭の音から下の音が出ないんです
それも楽器のせいで、先輩が吹いても鳴らなかったんです><
で、頭部管の抜く幅で、普通になってた頃と同じくらいでも鳴らなかったり、ほんの少しだけ抜いただけでもそのとたん鳴らなくなったりします><
原因とかってわかりますか???よろしくお願いします!!!
Posted by at 2011年07月01日 17:54
すみません汗汗↑のコメントは私です><」
Posted by しぃ at 2011年07月01日 17:55
しぃ様
コメントありがとうございます(^^)
ご返答が遅くなり、申し訳ありませんでした。

音が出ない、との事ですが、なるべくすぐに楽器店へ修理へ出された方が良いと思います。
連動しているキーのバランス不良や、またはタンポの破れ等でトーンホールがふさがっていない、ジョイントのコルクの摩耗等、楽器の故障箇所はいくつか考えられます。

通常、上記の故障の場合、当店ですと即日修理できますので、お近く楽器店へ一度問い合わせて頂けると良いと思います。

コンクールまで後少し!!楽器の状態を万全にして頑張って下さいね♪
Posted by horikawa at 2011年07月04日 12:09
ていねいなお返事、ありがとうございます!!
助かりました
やっぱり修理に出さないとだめですよね(-_-;)汗

顧問の先生方に頼んで修理に出してもらいます!!
ありがとうございました!!感謝です@@
Posted by しぃ at 2011年07月04日 19:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41655181

この記事へのトラックバック